廿日市市,ふじた歯科,ホワイトニング,インプラント,審美歯科,矯正歯科,小児歯科

宮内串戸駅のふじた歯科 歯科/歯医者の予約はEPARK歯科へ
土日診療

〒738-0034 広島県廿日市市宮内4481-2-1

TEL:0829-37-4181

知って得する医療費控除

HOME»  知って得する医療費控除

医療費控除とは?

医療費控除というのは、医療費が多くかかった年に、その医療費の負担を少しでも軽くするために、かかった医療費の一部を税金から控除することです。(控除額は200万円が限度です)

医療費の要件

◆納税者が、自己又は自己と生計を一にする配偶者やその他の親族のために支払った医療費であること。
◆その年の1月1日から12月31日までに支払った医療費であること。

  • 家族の中で一番所得金額の多い人にまとめて申告する。
  • 扶養控除の対象になっていなくても医療費控除の対象になります。
  • 法律上の家族に限るので、内縁関係や犬猫でも対象になりません。
  • 治療は同じ年に家族でかかった方がお得です。今年歯科治療をした方は、他の家族の方の治療も検討してみてはいかがでしょうか。
  • 歯科矯正治療の場合、未成年者は医療費控除の対象になります。(20歳を超えても日常生活に支障がある場合の歯科矯正治療であると歯医者さんの証明があれば対象になることもあります。)

医療の対象になる費用

◆病院、歯科医院での診療費・治療費。
◆治療のための交通費も対象になります。

  • 医療費の領収書は保管し、交通費は領収書が無くても対象となりますので料金や経路を記録しておきましょう。
  • 付添いの方の交通費は、ご本人が年少者であったり疾病が重度であり付添いがなければ通院出来ない場合には医療費控除の対象になります。
  • 電車やバスで行ける場合、原則としてタクシーの利用は認められません。

手続き

◆医療費の控除を受けるには、確定申告が必要です。
◆確定申告をする際には、年末調整済みの源泉徴収表と、医療費などの領収書を持って税務署に行きましょう。

  • 確定申告の申告書は税務署でもらうことができます。また、国税庁のサイトで申告書を作成してプリントアウトし、持っていくこともできます。

Aさんの年収320万 治療内容:オールセラミック

(医療費30万円)-(10万円)
医療費控除額20万円 節税額(住民税込)4万円

Bさんの年収500万円 治療内容:インプラント治療

(医療費120万円)-(10万円)
医療費控除額110万円 節税額(住民税込)33万円

医療費控除による節税額は?

◆節税額は医療費控除額×税率で計算されます。
住民税込の節税額の例です。※保険金などでの金額がない想定です。

課税所得195万円以下(税率15%) (節税率13.8%)
  医療費
住民税込み 30万円 50万円 100万円
節税額 33.750 63.750 138.750
課税所得330万円以下(税率20%) (節税率18.0%)
  医療費
住民税込み 30万円 50万円 100万円
節税額 40.000 80.000 180.000
課税所得695万円以下(税率30%) (節税率27.0%)
  医療費
住民税込み 30万円 50万円 100万円
節税額 60.000 12.000 270.000
課税所得900万円以下(税率33%) (節税率29.7%)
  医療費
住民税込み 30万円 50万円 100万円
節税額 66.000 132.000 297.000
課税所得1800万円以下(税率43%) (節税率38.7%)
  医療費
住民税込み 30万円 50万円 100万円
節税額 86.000 172.000 387.000
課税所得1800万円超(税率50%) (節税率45.0%)
  医療費
住民税込み 30万円 50万円 100万円
節税額 100.000 200.000 450.000
PAGE TOP