廿日市市,ふじた歯科,ホワイトニング,インプラント,審美歯科,矯正歯科,小児歯科

宮内串戸駅のふじた歯科 歯科/歯医者の予約はEPARK歯科へ
土日診療

〒738-0034 広島県廿日市市宮内4481-2-1

TEL:0829-37-4181

矯正歯科

HOME»  矯正歯科

矯正歯科とは

矯正治療の必要性

矯正治療

矯正治療とは、歯並びをきれいにし、噛み合わせを正しくする治療です。歯並び・噛み合わせが悪いと

  • 虫歯や歯周病になりやすくなる
  • 頭痛や腰痛、肩凝りを引き起こす
  • 顎関節症になる

など、心身共に悪影響を及ぼします。見た目の美しさだけでなく、健康面からも矯正治療は必要なのです。
当院では、目立ちにくい矯正方法やできるだけ歯を抜かない治療を心がけています。

美しさだけを求めるなら

患者様の来院の動機を尋ねると、「デコボコしている」「上の歯が出ている」「歯の間に隙間がある」など、見た目の悪さを治したいという理由が圧倒的に多いです。
もちろん「きちんとご飯が食べられない」「舌足らずで発音が伝わりにくい」といった機能的な悩みの場合もありますが、見た目の悪さに比べて少ないのが現状です。

私達は、見た目も重視しますが、それと同時に機能的な問題も重要視しています。
見た目の改善だけが目的なら、比較的短期間でできます。例えば歯が出ているのを治したければ、歯根を残して差し歯にする審美的な治療法もあります。しかし、これらは歯そのものを大切にする治療とは根本的に異なります。

家の土台をしっかりとして、その上に立派な家を建てるのと同じように、噛み合わせ全体から治して、全身の健康のためにきれいな歯並びを実現したいと考えているのです。

矯正治療を始める良い時期は

治療は状態によって一人ひとりに合ったタイミングがありますが、より効果的な結果を得るには、幼児期から定期的に観察していくのが理想的です。
歯並び自体は大人になってからでも治せますが、顎の骨のコントロールは、小学生や中学生の成長期の方が容易です。
一度ご相談下さい。

小児矯正

なぜ、小児矯正が必要か?

お子様の歯並びについてご相談に来られるお母さんと話しをしていると、多くの方から聞かれる質問があります。それは
「矯正は永久歯が生えそろってからのほうがいいと聞いたのですが?」というものです。

多くの方からこの質問を受けるということは、それだけこの考え方が広く知られているということだと思います。しかし、実際には「矯正は永久歯が生えそろう前から行ったほうが治療効果は高い」ということを覚えて下さい。永久歯を抜く可能性が少なくなるのが一番のメリットです。症例によっては矯正の専門医をご紹介いたします。

歯が生えそろう年齢というと、小学校の高学年から中学生にかけての時期です。この頃になると殆どのお子さんの上顎の成長は止まっており、「手遅れ」とは言わないまでも治療で改善できる余地は確実に減ってしまっています。
これこそが「小児矯正をしなければいけない」理由なのです。

これまで、多くのご両親がお子様の歯について気にすることといえば「虫歯」が殆どで、虫歯ができたから歯医者に通わせて詰め物をするということの繰り返しでした。しかし対症療法的な歯のメンテナンスではなく、根本的に「お子様の健康な歯並びを作る」ということこそ、お子様の親として真剣に取り組むべきことだと当院では考えております。

PAGE TOP